バックパッカーの放浪野宿旅日記

日記14 星の話

「じゅん、いいかい、星はいくつも、それこそ無数にあるよね。

 

さっき君が見た星の輝きはいつのものだろう? 今この瞬間か?

 

仮に100光年ほど離れた所に存在する星ならばそれは100年前の星の輝きだね。

 

わかるだろ?

 

それをさっきじゅんは見たんだよ。

 

もしかしたら、その星は今はもう存在してないかもしれないんだ。

 

じゅんがさっき見たのは過去ってことさ。

 

今日の太陽の輝きを、遠くの星から異星人達がみるのはずっと先の事なんだよ。

 

なー不思議じゃないか?

 

今日の昼、ぼくらが感じたあの太陽をずっと先の未来に異星人達が見上げてて、ずっと前の過去をさっきじゅんが見たんだ。

 

じゅん、いいかい、現在も過去も未来も本当は無いのかもしれない。

 

ぼくらは今この瞬間にしか無いんじゃないか?解るかい?」

 

「いや、なんか…解る気がしますよ、それ。

 

オレ、なんつーかうまく言えないっすけど今に心が留まってる時ってなんか満ち足りた気分になるんすよ。

 

なんつーか幸福感を感じるんす。」

 

「それはそれが自然だからさ。」

 

「うーん、でもっすよ、兄さん。

 

そーは言っても、オレってなんか囚われるんですよね。

 

昔の事を後悔したり将来の事に不安を感じたり… なんつーか…」

 

「じゅんが言いたいことはよく解るよ。

 

でもじゅんは答えを知っててなぜ努力をしない?

 

なぜ今に心を留めようとしない?

 

いいかい、人には無限の力があるんだ。

 

出来ないことなんて何もないんだ。

 

出来ないのは出来ないと自分で思い込んでるからなんだよ。

 

大切なのは意識なんだ。

 

知ってるかい?

 

100メートル走で人類は10秒を切れないって言われてたんだ。

 

でもどうだろう、一人が10秒の壁を超えるとそれに追従する者が出てきたじゃないか。

 

限界は自分自身が作りあげてしまうんだ。

 

じゅん、君は何にでもなれるし何でもできるんだよ。」

 

オレはしばらく黙ってから話し始めた。

 

「兄さん、この旅の目的…

 

つーか旅に出た理由? みたいなのって・・・

 

この前もガストで話したけど、オレ自分に自信をつけたいんすよ。

 

あと解んないことがいっぱいあって、答えも解らなきゃ、何に疑問を持ってるかも解んないんすよ。

 

なんでこんなに、不安や焦燥感を感じるのか解んないんすよ。

 

もー解んないことだらけなんですけど、なんか兄さんと話してるとなんだかちょっとづつ見えてくるつーか、何に疑問を抱いてるのか解りそうな気がしてくるんですよねー。

 

不思議っす!

 

なんか兄さん色々教えてくれてありがとーございます。」

 

「礼を言うことじゃないよ、ぼくはぼく自身が思うように行動してるだけだからね。

 

でもねーじゅん、心せよ。時間はあまりないよ。

 

若い時は色々なことに興味があって探究心もある。

 

しかしそれは時が経つにつれ日常にとって変わってしまうからね。

 

悲しいけど大人になるにつれ色々なことを諦めてしまうんだ。

 

そして諦めてしまったことを肯定してしまう。

 

『これで良かったんだ。人生とはそーゆーものなんだ。』ってね。

 

それは間違いじゃないんだ。

 

彼らはそーやって自分の人生のバランスをとっているんだから。

 

彼らは今、その手につかんでいる幸せや現状が何の犠牲の上になっているか知っているんだよ。

 

彼らは選択を誤った訳ではない。

 

日常を離れ放浪しているじゅんが正しい選択をしてるって訳でもない!

 

みんな自分で選んで進んでいっているんだ。

 

あってる間違ってるなんか無いんだ。

 

だからこそ心せよ、結果は伴われるだ!

 

じゅん,若いうちは頭が柔らかいから色んなことを学べるね。

 

素直に学びへと繋げるんだよ。

 

じゅんは何かを探求することを選んだんだから、たくさんの事を経験して学ばなくっちゃいけないね。

 

学ぶとは経験をすることなんだと思うよ。

 

そして経験を重ねることが人生なんだから。

 

解るかい?じゅん。」

 

「はい、解ります。」

 

兄さんはニコっと笑いタバコに火をつけた。

 

「さーじゅん、何を成す。何を経験する?」

 

「そーっすねー,とりあえずお遍路を歩ききります。それが自分自身の自信になると思うんで。」

 

「そーだね、それでいいと思うよ。君を見てるとずっとここに居てしまいそうだからね。」

 

「いや、正直そのつもりだったんすよ。

 

もっとここに居たいんです。

 

ここってゆーか、兄さんのそばにいたいっす。

 

もっともっと色んなこと教えてもらいたいです。

 

でもオレ、今の話聞いてて決めました。

 

オレ足が回復したらお遍路に戻ります。

 

廻りきることが自信になると思うし、その経験は今すべきだと思うから。

 

そんでしっかり廻り終えてから又、ここに戻ってきます。

 

戻ってきていいっすか??」

 

「あぁ、じゅんの自由だよ。戻ってきてもいいし、そのまま旅を続けてもいいんじゃないか。」

 

「じゃあ戻ってきます。

 

オレ兄さんみたいな人に初めて出会えました。

 

この出会いはオレにとってスペシャルギフトっすよ。」

 

「じゅん、ぼくは全然スペシャルなんかじゃないよ。

 

ぼくより考えてる人なんてたっくさんいるしね。

 

じゅんが今まで気づけなかっただけだよ。

 

これからは色んなことに意識を拡大していこうね。

 

周りの風景や出会う人々からたくさん教えてもらうんだよ。

 

学びはいつだってじゅん次第なんだから。」

 

「はいっ!」

 

「よし、じゃあ今日はもう寝よう。おやすみ、じゅん。」

 

テントに戻ってからも胸の高鳴りはなかなか治まらなかった。

 

世の中にはオレの知らない事がいっぱいあるのだ。

 

オレは無知だ。

 

でもその事実は全く悲しむべき事じゃなくって、オレはまっさらで、空っぽで、だからこそ色んなことを知ることが出来るんだ!

 

そー思うとうれしくってなかなか興奮は鎮まってはくれなかった。

関連ページ

日記1 いよいよ始まる旅
第1話「いよいよ始まる旅」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記2 へたれ野郎とはオレの事
第2話「へたれ野郎とはオレの事」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記3 きらきら
第3話「きらきら」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記4 船で出発する
第4話「船で出発する」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記5 汽水
第5話「汽水」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記6 お遍路一日目
第6話「お遍路一日目」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記7 目的
第7話「目的」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記8 ホームレスと出会い、そして
第8話「ホームレスと出会い、そして」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記9 混沌と蝶とオレの羽ばたき
第9話「混沌と蝶とオレの羽ばたき」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記10 前兆
第10話「前兆」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記11 寝付けない夜
第11話「寝付けない夜」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記12 小さな石ころの行方
第12話「小さな石ころの行方」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記13 見えるもの、見えないもの
第13話「見えるもの見えないもの」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記15 本当の事を知るという事
第15話「本当の事を知るという事」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記16 光と闇
第16話「光と闇」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記17 信じること
第17話「信じること」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記18 肉体か精神か魂か
第18話「肉体か精神か魂か」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記19 自問自答
第19話「自問自答」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記20 豊かさ
第20話「豊かさ」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?