バックパッカーの放浪野宿旅日記

日記15 本当の事を知るという事

ある日、兄さんが言った。

 

「じゅんは鍼灸師だったね。ぼくに東洋医学や東洋哲学について教えてくれないか?」

 

「えっ?東洋医学すか?そーっすねー…」

 

オレは知っている事柄をいくつか説明していった。

 

いまいち聞きたい事と違うんだよなーって顔の兄さんがしばらくして言った。

 

「じゅん、東洋医学は陰陽論を基にしてるんだよねー?

 

そのへんの事について話してくれないか?」

 

「陰陽論っすか?

 

よく知ってますねーそんな事。

 

えーっと、男が陽で女が陰、太陽が陽で月が陰、火が陽で水が陰、昼が陽で夜が陰。

 

そんなんが陰陽論、つーか陰陽ですけどなんでですか?」

 

「いやぼくは、東洋思想に疎いから知りたかったんだ。」

 

兄さんはタバコに火をつけゆっくり一服して話始めた。

 

「それじゃあ平和が陽なら戦争は陰かな?

 

善が陽で悪が陰になるわけだね?」

 

「えーまー、そーなりますけど…」

 

「つまりは二つの事柄が一つを見出してるってことだよね。」

 

「…どーゆーことっすか?」

 

「いいかい、じゅん。

 

平和ということを平和の中から認識することは本当の意味では不可能な訳だ。

 

平和な日本という認識は争いのある他の国、戦争や紛争無くして実感はできないんじゃないか?」

 

「・・・」

 

「そーだなー、じゅんは聖書を読んだことあるかい?

 

旧約聖書『創世記』にはこうある。

 

アダムとイヴはエデンの園にいた。

 

彼らはそこが完璧な桃源郷であることを知っていた。

 

でも知っているだけだったんだ。

 

なぜなら彼らはそこ以外知らなかったからだ。

 

実情を実感した訳ではなかった。

 

ある時、ヘビが善悪知恵の木の実を口にするようイヴをそそのかすんだ。

 

理性と、何かを経験したいという衝動の狭間で彼女はとうとう禁断の実を口にしてしまう。

 

アダムもイヴに説得され、その実を口にしてしまう。

 

彼らは目が開け裸である事に気づいてしまう。

 

神は彼らの様子を見て、そして尋ね、彼らが禁断の実を口にした事を知る。

 

神は彼らをエデンの園から追放し、女には産みの苦しみを与えまた、食料を容易に獲得出来ないようにしたんだ。

 

解るかい、じゅん。

 

彼らは追放されて、その経験を通し初めてエデンの外が何たるかを知ったんだ。

 

そしてまたエデンの園が何たるかも経験を通し知ったんだ。

 

いいかい、ただ知っているのと経験を伴った知っているでは全く違うんだよ。

 

すべては対をなしていて何かを知るにはその外から、あるいは内への分割と言ってもいいのだが…

 

まーその事は今はどうでもいい。

 

大切なのはね、別の何かが存在を保っているってことなんだよ。

 

これは陰陽ではないかね?

 

二つの事柄が一つを見出しているってことじゃないかね?

 

解るかい?」

 

「わかります。 オレ、兄さん達に初めて出会った日車ってすげーなーって思ったんですよ。

 

今までだって便利だって解ってたし知ってたけど、旅に出て最近はずっと歩きで移動してたから、車のスピードがすげー実感を伴ってて、文明の力って半端ねーって思ったんですよ。

 

そーゆーことですよねー??」

 

「ああ、そーゆーことだよ。」

 

ニコっと笑い兄さんは続けた。

 

「ではじゅん、聞こう。戦争は必要か?」

 

「え?」

 

「すべてが別の何かによって支えられているのであれば平和を支えているのは戦争や争いではないか?

 

戦争は必要かい?」

 

「いや、それは話が別じゃないですか?

 

戦争はなきゃ無いにこしたことありませんよ。」

 

「じゅん、よーく考えるんだよ。

 

今までの長い歴史において世界のどこにも争いが無かった時期なんてあるのかなぁ?」

 

「いやーそれは無さそうですけど、でも何もしてない人々が関係ないのに巻き込まれて死んでいく戦争は無い方がいいに決まってますよ。」

 

兄さんはオレの目をじっと見て、きつい口調で言った。

 

「甘いこというなっ!

 

何もしてない人なんていないし、関係の無い事なんて何も無いんだ。

 

カオスの中のバタフライさ。

 

すべては繋がっている。

 

じゅんだって今、世界のどこかでおきている戦争に関係しているんだ。

 

平和であるという実感は争いが保っているんだよ。」

 

「何かそれ、オレ解んないっす。

 

兄さんの言ってる事…

 

正しい事なのかもしれないけど納得出来ないです。」

 

「じゅん、いいかい。

 

大切なのはね… 知っていることだよ。

 

何が起こっているのか。

 

何が為されているのか。

 

見て見ぬふりをしないこと。

 

よーく目を見開いて見ること。

 

そして知っていることが大切なんだよ。」

 

「・・・」

 

「いいかい。

 

愛を語れるのは憎しみを知っている人。

 

愛は強い心なくして語られず本当の優しさを持っている人も強い心を持っている。

 

そしてね、人を本当の意味で生かせるのは・・・ 殺した事がある人なんだよ。

 

解るかい?」

 

「・・・」

 

オレは黙って下を見続けていた。

 

「じゅん、本当の事を知るということは苦しくなるってことなんだよ。

 

じゅんはぼくに出会えて良かったって言ったけど本当は出会わない方が良かったんだ。

 

じゅんの人生が苦しいものになってしまうからね。

 

知らない方が楽に生きれるんだよ。」

 

それでもオレは知りたかった。

 

本当の事が…

 

本当の事を知って苦しくなるなら、それはそれでいいと思った。

 

でも兄さんが今言った事は受け入れがたかった。

 

今のオレには理解できなかった。

 

それらは初めて触れる思想でオレの脳みそはなんか苦しがっていた。

 

人生は短いのに、オレは日常の中で大切なことを埋没させてしまっていたのかもしれない。

 

そんな事を思ってなんか落ち着かない気分だった。

関連ページ

日記1 いよいよ始まる旅
第1話「いよいよ始まる旅」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記2 へたれ野郎とはオレの事
第2話「へたれ野郎とはオレの事」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記3 きらきら
第3話「きらきら」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記4 船で出発する
第4話「船で出発する」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記5 汽水
第5話「汽水」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記6 お遍路一日目
第6話「お遍路一日目」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記7 目的
第7話「目的」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記8 ホームレスと出会い、そして
第8話「ホームレスと出会い、そして」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記9 混沌と蝶とオレの羽ばたき
第9話「混沌と蝶とオレの羽ばたき」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記10 前兆
第10話「前兆」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記11 寝付けない夜
第11話「寝付けない夜」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記12 小さな石ころの行方
第12話「小さな石ころの行方」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記13 見えるもの、見えないもの
第13話「見えるもの見えないもの」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記14 星の話
第14話「星の話」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記16 光と闇
第16話「光と闇」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記17 信じること
第17話「信じること」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記18 肉体か精神か魂か
第18話「肉体か精神か魂か」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記19 自問自答
第19話「自問自答」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記20 豊かさ
第20話「豊かさ」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?