バックパッカーの放浪野宿旅日記

日記16 光と闇

日時計の写真

 

太陽はいつでもそこにあった。

 

ただそこにあったのだ。

 

でもオレはその事実を日常の中に埋没させてしまっていたらしい。

 

存在を実感するに至ったその日、大地は動いていた。

 

初夏の太陽は眩しくってオレはしかめっ面でベンチに座っていた。

 

さっきの事を思い出していた。

 

兄さんの言ってる事は正しいのかな?

 

正しいのかもしれないけどやっぱり、平和を保ってるのが戦争だなんて納得できない。

 

その事が頭の中でグルグル回っていた。

 

浜辺のベンチ。

 

目の前には日時計のモニュメントがあって太陽は少しづつ動いていって、影もまた動いていった。

 

ふと視界に人影がよぎる。

 

焦点を日時計から少し奥の方へとやるとみつおさんがそこにはいた。

 

彼はゴミ箱を漁っていた。

 

なにか食いもんでも買ってやろうかな。

 

そんな思いが浮かんできてオレはみつおさんに声をかけた。

 

「おーい、みつおさーん。」

 

手招きするオレに気づき、近ずいてくるみつおさん。

 

瞬間、別の思いが頭をよぎる。

 

オレは貧乏旅行者だ。

 

野宿をしながら放浪をしている。

 

しかしそれはただのスタイルで金がない訳ではない。

 

旅をするのに十分な金は持っていた。

 

でもどうだろう?

 

彼にはリアルに金がないのだ。

 

彼の行為はスタイルではなく実情で日常だったのだ。

 

オレが今日、彼に何か食いもんを買ってやる事は簡単だった。

 

一時的にオレの自意識と彼の腹は満たされるだろう。

 

でもそれが何になる?

 

彼は今までだって生きてきた。

 

そー思うと何が正しいのか解らなくってオレは動けずにいた。

 

みつおさんは目の前に立っていてニコニコしている。

 

無邪気な笑顔。

 

「じゅんくん、何してるんだ?」

 

「ん?いや、ちょっと考え事。」

 

「そっかー、えらいなぁー。 じゅんくんいいもん見せてやろーか?」

 

みつおさんは周りをキョロキョロ見回してシャツのボタンを外しズボンに差し込んだモデルガンをチラッと見せてくれた。

 

「どーだ、かっこいいだろ、これ?」

 

自慢げな顔でそー言った。

 

みつおさんは少し障害があったがコミュニケーションに問題はなく、とても純粋な人だった。

 

「あぁ、かっこいいねー、その銃。」

 

そう言うとうれしそうに笑い 「秘密だぞ。」 と言って林の方へと戻って行った。

 

何が正しいんだろう?

 

何が正義で何が悪なんだろう?

 

オレは混乱していた。

 

さっきの兄さんの言葉を頭ん中で反復する。

 

「大切なのはね…知っていることだよ。

 

何が起こっているのか。

 

何が為されているのか。

 

見て見ぬふりをしないこと。

 

よーく目を見開いて見ること。」

 

何が起こっている?

 

何が為されている?

 

オレは今まで何に対して見て見ぬふりをしてきた?

 

目を閉じ意識を集中する。

 

まぶたの裏にはいくつもの情景が浮かんでは消えていく。

 

日本は平和で生命の危機を感じるようなシーンにはそうそう出会わない。

 

少なくともオレの人生はそーやって進んできた。

 

でもどうだろう?

 

情報はメディアという媒体を通し取捨選択され、絶え間なく流入しつづけてくる。

 

世界のリアルは偏った目線ではあるが伝わってきていた。

 

餓える人々。

 

不法に働かされ教育の受けられない子供。

 

絶え間ない紛争や戦争。

 

オレはそれらを知っていた。

 

ただ知っているだけだった、いや知っていると思っていた。

 

オレは… 何もしていなかった。

 

何も出来ないと思っていた。

 

オレにとってそれらは対岸の火事でしかなかったんだ。

 

感情移入をして、それゆえにかわいそうだと不憫に思ったりしてはいたがそれはもし自分だったら?

 

もし自分の家族だったら?

 

そんなとこから来ていた。

 

すべてが自分というベクトルにオレは目を向けるのが怖かった。

 

認めたくはなかった。

 

でも目を見開いて知ってなくっちゃいけないんだ。

 

くそったれのオレに何が出来る?

 

何を成さなくてはいけない?

 

太陽はいつでもそこにあった。

 

初夏の太陽は眩しくって…

 

少しずつ動いていった。

 

平和な日本を照らしていた。

 

同時に世界のどっかでは漆黒の闇が存在している事なんて忘れてしまいそうな位の光の強さだった。

 

光と闇。

 

すべてが相対なら闇なしに光は存在しないのだろうか?

 

光の存在を保っているのは闇なのだろうか?

 

光だけでいいのになぁ。。。

 

オレは心の中でつぶやいた。

関連ページ

日記1 いよいよ始まる旅
第1話「いよいよ始まる旅」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記2 へたれ野郎とはオレの事
第2話「へたれ野郎とはオレの事」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記3 きらきら
第3話「きらきら」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記4 船で出発する
第4話「船で出発する」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記5 汽水
第5話「汽水」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記6 お遍路一日目
第6話「お遍路一日目」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記7 目的
第7話「目的」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記8 ホームレスと出会い、そして
第8話「ホームレスと出会い、そして」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記9 混沌と蝶とオレの羽ばたき
第9話「混沌と蝶とオレの羽ばたき」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記10 前兆
第10話「前兆」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記11 寝付けない夜
第11話「寝付けない夜」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記12 小さな石ころの行方
第12話「小さな石ころの行方」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記13 見えるもの、見えないもの
第13話「見えるもの見えないもの」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記14 星の話
第14話「星の話」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記15 本当の事を知るという事
第15話「本当の事を知るという事」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記17 信じること
第17話「信じること」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記18 肉体か精神か魂か
第18話「肉体か精神か魂か」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記19 自問自答
第19話「自問自答」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記20 豊かさ
第20話「豊かさ」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?