バックパッカーの放浪野宿旅日記

日記18 肉体か精神か魂か

「そうだなー、じゅんは想像妊娠って知ってるかい?」

 

「想像妊娠??いや、知らないっす。」

 

「いいかい、想像妊娠ってのは実際には妊娠していないのに妊娠した時の兆候が現れることを言うんだよ。

 

例えば生理が止まったり、胎動を感じたり、腹が出てきたり、つわりを感じたりね。

 

とても不思議じゃないか?

 

精神が肉体に変化をおこさせるんだ。

 

どー思うよ、じゅん?

 

妊娠したと信じる事が実際に肉体を変えてしまう。

 

これはどーゆーことなんだろうね?

 

我々は何者なんだろうか?

 

肉体か?精神か?魂か?」

 

「……解んないっすけど、信は力なりって言葉を聞いたことがあります。

 

なんか、そんなことを思い出しました。」

 

「あぁ、そーだ。信じる事は力なんだ。

 

自分で自分にI can do it. Trust me.だ。

 

 

ぼくはできる。ぼくを信じて!まさにこれなんだよ。

 

大切なのは信じることだ。

 

信じた者のみが何かを成し、何かを創造してきたんだ。

 

でも、全面的に信じなきゃだめだよ。

 

想像してごらん。

 

高層ビルの屋上。

 

ビルとビルの間に一本のロープが張られている。

 

そのロープを渡りきれば君には何でも手に入るとしよう。

 

その時、じゅんはこのロープを渡れるか?

 

第一歩を踏み出すことができるか?

 

おそらく無理だろう。

 

頭ではやり遂げて、何かを手に入れたいと望むかもしれないが体が動いてはくれないはずさ。

 

何かをやりたい、成したい、手に入れたいと思っても、やれる、成す、手に入れるという事を信じなければ必ず肉体は力を発揮してはくれない。

 

意識ってのは幾重もの構造を成していてね、表面と深いとこではギャップがあることはよくあるんだ。

 

何かを欲しても深いとこでは拒んでいたりね。」

 

兄さんはタバコをもう一本取り出して火をつけた。

 

「そして信じる事と同じくらいパワーを持っているのが,恐怖と怒りだ。

 

第二次世界大戦、ナチやアウシュビッツは知ってるかい?

 

強制収容所では様々な人体実験が行われた。

 

そこではこんな実験も行われた。

 

・・・目隠しをした被収容者を手術室へ連れていく。

 

横になるよう指示し腕に注射針を刺しこー言うんだ。

 

『今、お前の動脈に針を入れた。

 

このままにしておくとお前の体からはどんどん血が無くなり、三時間後には生命維持に必要な血液が足りなくなり死ぬだろう。』

 

被収容者は何も見えず手足は縛られ身動きがとれない。

 

解ることといえば、針を刺された痛みと、いやーな音が聞こえていることだけ。

 

ポタポタポタ、血の滴るよーな音。

 

カチカチカチ、時計の音。

 

でもね、実際には皮下に注射針を入れただけ。

 

少し水道の蛇口をひねって、血が滴るよーな音を演出していただけ。

 

時計はあえて秒針の動く音が大きいものを選んだんだ。

 

さーこの皮下に針を刺されただけの被収容者は一体どーなったと思う?

 

ちょうど三時間後にね、ショック死したんだ。

 

これをどーとらえるよ、じゅん?

 

恐怖が、それを信じることが肉体を停止させたんだ。

 

肉体の堅強さと生命の維持には、なんの関係も無いんだ。

 

じゅんがじゅんであるとはどーゆーことなんだ?

 

自分が何者なのか? じゅんは解るかい?」

 

「…」

 

「少なくとも肉体のみを指して私だ!とは言えないだろ?

 

もう一つ、怒りだ。

 

怒りの持つ力についても話しておこう。

 

普段肉体は100%の力が出せないようにセーブされている。

 

なぜなら大きな力には危険が伴うからなんだ。

 

筋肉や腱、筋、骨。

 

100%の力は、肉体を構成するそういったものを破壊、あるいは損傷しかねないからね。

 

だから自身の肉体を守るためにブレーキがかけられている。

 

怒りはね、この肉体のブレーキをはずしてしまう力を持っているんだ。

 

でもね、いくら怒りが強力な力を発揮する手助けになると言っても、そうそう簡単に肉体のブレーキは外せないね。

 

なぜなら怒りには、何か対象となる人物なり事柄が必要だからだ。

 

そこでどーするか?

 

いかに肉体を意識的に、最大限の力を発揮しえる状態にもっていくか?

 

ここでさっき教えたテクニックが生きてくるんだ。

 

いいかい、怒りをね…

 

対称な鏡像ではないカガミの中の自分にぶつけるんだ!

 

いつでも意識的に肉体にかかるブレーキが外せたなら、肉体の持つ力を最大限に発揮出来たなら、これはものすごい力を手に入れたことにならないか?

 

ぼくはね、何かを成さねばならない時、恐怖で動けない時、そーいったいくつかのテクニックを使うんだ。

 

カガミの中の自分に怒り、心の中で自分につぶやく。

 

I can do it. Trust me.

 

どーだいじゅん、信じるかい?

 

ぼくはね、あの橋から飛び込んだことがあるんだ。」

 

兄さんはすぐ後ろにかかる橋を指差しながら言った。

 

その橋は湾の上に架かっていて、下はコンテナ船も通るような大きくって長くって、そして高い橋だった。

 

オレは普段ならそんなこと言う人を信じたりはしないけど、兄さんならホントにやったんだろーなーと素直に思えた。

 

そしてなんだかとても怖かった。

 

この人は一体何者なんだろーか?

 

オレはここに居て平気なんだろーか?

 

踏み入れちゃいけないとこに足を突っ込んでいる気がした。

 

恐怖を感じていた。

関連ページ

日記1 いよいよ始まる旅
第1話「いよいよ始まる旅」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記2 へたれ野郎とはオレの事
第2話「へたれ野郎とはオレの事」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記3 きらきら
第3話「きらきら」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記4 船で出発する
第4話「船で出発する」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記5 汽水
第5話「汽水」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記6 お遍路一日目
第6話「お遍路一日目」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記7 目的
第7話「目的」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記8 ホームレスと出会い、そして
第8話「ホームレスと出会い、そして」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記9 混沌と蝶とオレの羽ばたき
第9話「混沌と蝶とオレの羽ばたき」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記10 前兆
第10話「前兆」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記11 寝付けない夜
第11話「寝付けない夜」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記12 小さな石ころの行方
第12話「小さな石ころの行方」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記13 見えるもの、見えないもの
第13話「見えるもの見えないもの」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記14 星の話
第14話「星の話」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記15 本当の事を知るという事
第15話「本当の事を知るという事」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記16 光と闇
第16話「光と闇」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記17 信じること
第17話「信じること」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記19 自問自答
第19話「自問自答」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記20 豊かさ
第20話「豊かさ」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?