バックパッカーの放浪野宿旅日記

日記22 ある一人のお遍路さん

野宿用テント

 

ある日のこと。

 

その日は歩く距離が思ったよりものびなくて、山の中で夕暮れを迎えようとしていた。

 

オレは山中での野宿を覚悟した。

 

どこで野宿しよーかと辺りを見回しながら歩いているとトンネルの脇に開けたスペースを見つけた。

 

小さな東屋と公衆便所があって、まさに野宿には最適な場所だった。

 

東屋へ近づくとテントがすでに張られていた。

 

先客か?!

 

よーく見ると入口には杖と笠が置いてある。

 

お遍路さんのようだった。

 

オレはテントの中にいるであろうお遍路さんに声をかけた。

 

「あのー、すいません。自分も端の方でテント張ってもいいですか?」

 

テントのジッパーが開き

 

中から前歯しかないおじいさんが顔を出した。

 

「おぉ、どーぞどーぞ。お構いなく。」

 

「ありがとーございます。」

 

野宿をすること。

 

快適に野営するためにはいくつかのコツがあった。

 

まず、土地の人に迷惑をかけない事。

 

出したゴミはその場に残さない事。

 

なるべく人気のない場所を選ぶこと。

 

人気が無くても夜ヤンキーが出てきそうな場所は避けること。

 

できるだけ先客がいる場所は避けること。

 

もし先客がいる場所で野宿をせざるおえないなら、必ずあいさつをして野宿をすることの了解をとる事。

 

なぜなら旅人や放浪者、ホームレスの中には近くに人がいることを嫌う者が少なくないからだ。

 

これらの事をしっかり心がけていれば、たいていどこでも快適に野宿ができた。

 

オレが東屋の隅の方にテントを張る間、おじいさんはニコニコしながらこっちを見ていた。

 

どーやら人をけぎらいする人じゃないらしい。

 

オレは彼に話しかけた。

 

「お遍路は歩きで周ってるんですか? いつ頃出発なさったんですか?」

 

「いやいや、自転車だよ。 出発っていうかね、6年前からずーっと周ってるの。」

 

「へーすごいですねー。でも、なんでですか? 

 

ずっと周ってると何か見えてくるものとか、感じることがあるんですか?」

 

オレは彼に興味深々だった。

 

「うーん、なんだろーねー。 うまく言えないけど気が楽なんだよね。

 

6年前に妻が亡くなってね、それまでは息子夫婦と同居してたんだけど、なんだか居ずらくなっちゃってね。

 

別に息子達と仲が悪いわけじゃないんだけど、周ってる方が気が楽なの。」

 

そー言いながらニコニコとこっちを見ていた。

 

オレはこれ以上、その話題を広げることを止めた。

 

ここは不思議な場所だな。

 

そんなことを思っていた。

 

四国を周っている旅人、いいや巡礼者は他の場所で出会う旅人達とは何かが違っていた。

 

お遍路さん達は皆、一様に何か寂しさや悲しみみたいなものを内側に内包しているように思えた。

 

でもそれは何もお遍路さんに限ったことじゃなくて、すべての人々に言えることのようにも思える。

 

いや、きっとそーなんだろう。

 

誰しもが抱えている思いなのだろう。

 

しかし何故、お遍路さん達からは、そーいった内側の思いが容易に伝わってくるのだろうか?

 

それはきっと…

 

彼らがお遍路という巡礼を通して自分自身と対話しているからなのだ。

 

自身の内側をとことん見つめているからなのだ。

 

オレ自身もそーだった。

 

だからなんだと思う。

 

同じ様な行いが、同じ様に内包する思いを容易に見出すことを可能にしてくれていたのだ。

 

すべてはつながっていてオレの信じている現実には不思議なカラクリが満ちていた。

 

そんなカラクリにふと気付く機会が増えてる気がして、何だかオレはうれしかった。

 

兄さんに言われたことがある。

 

「常に注意深くあること!」

 

ちょっとだけだが、以前より注意深く物事を見れているのかなぁ?

 

昼に貰ったバナナを食べながらそんな事を思っていた。

関連ページ

日記21 ケツに感じる初夏の風
第21話「ケツに感じる初夏の風」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記23 こじき遍路
第23話「こじき遍路」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記24 テントの前に一枚のメモ
第24話「テントの前に一枚のメモ」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記25 そう、人は慣れるのだ
第25話「そう、人は慣れるのだ」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記26 明日でお遍路が終わる
第26話「明日でお遍路が終わる」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記27 結願する日の朝
第27話「結願する日の朝」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記28 時間に隠された秘密
第28話「時間に隠された秘密」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記29 交点
第29話「交点」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?