バックパッカーの放浪野宿旅日記

日記24 テントの前に一枚のメモ

宴のつまみ

 

たいていのお遍路さんは、一番霊山寺から順番に巡り、八十八番大窪寺を目指して進んでいった。

 

だから、歩く速度が同じ位で、出発した日にちが近い人とは再会することが度々あった。

 

同じ道をゆく者同士、抜いたり抜かれたりする度に挨拶を交わした。

 

時には意気投合して、一緒に歩いたりすることもあった。

 

そんな中で最も多く再会し、一緒に歩く機会が何度もあったのがさとるさんだった。

 

オレは彼が好きだった。

 

IT関係の仕事を辞めて旅に出た彼は、年上なのに威張るでもなく腰が低くて、いつも敬語で話しかけてきた。

 

自分を誇示することがなく自然体な彼の姿がオレはうらやましかった。

 

ある日の朝、オレらは再会し、一日一緒に歩くことにした。

 

そうとうな距離を歩いたと思う。

 

夕方になりヘロヘロになったオレらは、冷えたビールが飲みたいねぇ、という共通見解に達し、結局野宿も一緒にすることにした。

 

野営地の近くで冷えたビールとつまみを買い込み、長々と語り合った。

 

ヤロー二人でする会話なんて、たかが知れている。

 

下ネタで笑い、失恋話なんかを肴にビールを飲む。

 

血中のアルコール濃度が上ってきたら、やっとこさまじめな事を語り合う。

 

自分たちのしていることの意味。

 

旅ってなんなんだろーか?

 

なんでこんな事してるんだろーか?

 

そんな事を語り合った。

 

オレは・・・不安だったのだ。

 

誰かと考えや思いを共有しているんだと確認したかったのだ。

 

オレの問いかけや話にうなずき、共感してくれる彼の姿が、オレはうれしかった。

 

〜価値観の同じ人なんていない。〜 あぁ、そんなことは百も承知だ!

 

だから、考えや思いを誰かと共有しているっ!

 

なーんて認識は、まやかしだってこと位オレだってわかっていたけれど、それでも 『あぁ、同じような思いを同じように経験している人がいるんだなぁ。』 と、そう思い込むことで一人ではない気がした。

 

誰かと繋がっていると思える事がオレに安心感をもたらしたのだ。

 

「一人が好きだけど一人はさみしい、他人といると楽しいけどなんかうざい、そんなあべこべな思いをよく感じる。」酔っぱらいながらオレはそー言った。

 

さとるさんは自分も同じだと言ってくれた。

 

もし、オレがホームレスの所で何日間も休息を取っていなかったらどうだったろうか?

 

おそらく、歩く速度が同じ位で、オレより一週間以上も後に出発したさとるさんとは出会わなかっただろう。

 

だからこそなのだ。だからこそ、たまたまでも偶然でもない必然的な繋がりが、そこにはある気がした。

 

1億2千万の日本人の中で誰かに出会う事。

 

ましてや、一緒に歩き、野宿をして、酒を飲みながら語り合う事なんて偶然だけじゃかたずけられないのだ!

 

大切なのはそこに潜む繋がりや、学びに気づけるかなのだ。

 

翌日、目を覚ますと、さとるさんの姿はもうなかった。

 

テントの前に1枚のメモが置いてあった。

 

【まだ寝ているみたいなのでこのまま出ます。 じゅん君、またどこかで会いましょう。】そー書いてあった。

 

それを見て、オレらって旅人だなぁーなんて思うと、おもわず笑みが湧いてくる。

 

もし、オレが起きていたとしても、今日は一緒に歩かなかっただろう。

 

なぜならオレらは旅をしているからだ。

 

遍路道を歩みながら、自身の内側を旅しているのだ。

 

だからこそ時々、無性に誰かと話がしたくなる。

 

同じような思いを持った誰かと…

 

またいつかさとるさんに会いたいなぁ。

 

そんなことを思いながらオレは出発の準備に取り掛かった。

関連ページ

日記21 ケツに感じる初夏の風
第21話「ケツに感じる初夏の風」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記22 ある一人のお遍路さん
第22話「ある一人のお遍路さん」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記23 こじき遍路
第23話「こじき遍路」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記25 そう、人は慣れるのだ
第25話「そう、人は慣れるのだ」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記26 明日でお遍路が終わる
第26話「明日でお遍路が終わる」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記27 結願する日の朝
第27話「結願する日の朝」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記28 時間に隠された秘密
第28話「時間に隠された秘密」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?
日記29 交点
第29話「交点」…バックパッカーの放浪野宿旅日記!二年間の旅の日々を綴った日記です。国内を自転車で野宿しながら移動して、四国お遍路にも挑戦しました。海外はバックパッカーでアジアを彷徨いインドで沈没。そんな旅から学んだこととは?